Harigami
ログイン
RCCに所属しているmizugoro タイトルなし
No License Python
コピー
-*- coding:utf-8 -*-
import csv
import datetime

#datetimeの使い方
#print(datetime.date(2017,11,12))
# => 2017-11-12

#thinking
#データはクラスで保存する
#クラス変数は辞書によりアクセスする
#辞書のキーはプログラム側で決定する
#


#データを保持するクラス
class TodoInfo:
    def __init__(self,todo,deadline):
        #TodoInfoクラスを初期化する
        #引数のselfはあまり考えなくて良い
        #self移行が引数となる
        #self.todoなどはクラス変数
        self.todo = todo
        #データ保持用の辞書
        self.deadline = deadline

    def toFormattedString(self):
        #todoリストを表示するための書式設定
        example()

#アプリケーションを動かすクラス
class TodoManager:
    def __init__(self,fileName):
        #TodoManagerクラスを初期化する
        self.fileName = fileName
        self.todo_data = {}

    def setup(self):
        #従業員Noを入力する
        #リーダーは0番
        example()
        #csvファイルからデータを読み込む

    def listAllData(self):
        #プロジェクトtodo、個人todoを表示する
        example()

    def addToIndivisual(self):
        #Todo,deadline の入力を求めて、それをTodoInfoのself.todo_dataに入れる

        todo_data[input("key:")] = input("Todo:") #キーの入力とTodoの内容の入力を求める
        deadline = input("Deadline:")

        

        #keyは管理用のものなので、アプリケーション側で制作したい
        #暫定的に、ここではキーの入力を求める
        #何かキーを決定する余裕があれば考えてきてほしい
        #個人todoリストへ追加する
        #項目名、期日の入力を求める
        example()

    def addToProject(self):
        #プロジェクトtodoへ追加する
        #項目名、期日の入力を求める
        example()

    def deleteData(self):
        #todoリストのデータを削除する
        #どのように選択するかは未確定
        example()

    def saveToCsv(self):
        #todoリストをcsvへ保存する
        example()

    def run(self):
        #機能選択画面を表示する
        while True:
            print("1.todoリストを表示する")
            print("9.終了")
            print("番号を選んでください(1.2.9):",end="")
            num = input()
            if num == '1':
                listAllData()
            elif num == '9':
                break


-*- coding:utf-8 -*-
import csv
import datetime

#datetimeの使い方
#print(datetime.date(2017,11,12))
# => 2017-11-12

#thinking
#データはクラスで保存する
#クラス変数は辞書によりアクセスする
#辞書のキーはプログラム側で決定する
#


#データを保持するクラス
class TodoInfo:
    def __init__(self,todo,deadline):
        #TodoInfoクラスを初期化する
        #引数のselfはあまり考えなくて良い
        #self移行が引数となる
        #self.todoなどはクラス変数
        self.todo = todo
        #データ保持用の辞書
        self.deadline = deadline

    def toFormattedString(self):
        #todoリストを表示するための書式設定
        example()

#アプリケーションを動かすクラス
class TodoManager:
    def __init__(self,fileName):
        #TodoManagerクラスを初期化する
        self.fileName = fileName
        self.todo_data = {}

    def setup(self):
        #従業員Noを入力する
        #リーダーは0番
        example()
        #csvファイルからデータを読み込む

    def listAllData(self):
        #プロジェクトtodo、個人todoを表示する
        example()

    def addToIndivisual(self):
        #Todo,deadline の入力を求めて、それをTodoInfoのself.todo_dataに入れる

        todo_data[input("key:")] = input("Todo:") #キーの入力とTodoの内容の入力を求める
        deadline = input("Deadline:")

        

        #keyは管理用のものなので、アプリケーション側で制作したい
        #暫定的に、ここではキーの入力を求める
        #何かキーを決定する余裕があれば考えてきてほしい
        #個人todoリストへ追加する
        #項目名、期日の入力を求める
        example()

    def addToProject(self):
        #プロジェクトtodoへ追加する
        #項目名、期日の入力を求める
        example()

    def deleteData(self):
        #todoリストのデータを削除する
        #どのように選択するかは未確定
        example()

    def saveToCsv(self):
        #todoリストをcsvへ保存する
        example()

    def run(self):
        #機能選択画面を表示する
        while True:
            print("1.todoリストを表示する")
            print("9.終了")
            print("番号を選んでください(1.2.9):",end="")
            num = input()
            if num == '1':
                listAllData()
            elif num == '9':
                break


コンソール
現在、コメントはありません。
最初のコメンターになりませんか?