Share Code Quickly

What is Harigami?

Harigami is a simple source code sharing service. You can share source code by an URL which is issued after submission.
You can also run your source code online such as Python, Ruby, JavaScript and so on.
For free.Use for code review.
Preferences
anonymous No title
Arduino
/*
SDサンプル”listfiles.ino”のループ問題2
 */

#include <SPI.h>
#include <SD.h>

File root;

void setup() {
  // Open serial communications and wait for port to open:
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for native USB port only
  }





}

void loop() {
  
  Serial.print("Initializing SD card...");
  if (!SD.begin(4)) {                                 //CSを4に変更
    Serial.println("initialization failed!");
    while (1);
  }
  Serial.println("initialization done.");
  root = SD.open("/");

  printDirectory(root, 0);

  Serial.println("done!");
  SD.end();

  delay(500);

  

}

void printDirectory(File dir, int numTabs) {
  while (true) {

    File entry =  dir.openNextFile();
    if (! entry) {
      // no more files
      break;
    }
    for (uint8_t i = 0; i < numTabs; i++) {
      Serial.print('\t');
    }
    Serial.print(entry.name());
    if (entry.isDirectory()) {
      Serial.println("/");
      printDirectory(entry, numTabs + 1);
    } else {
      // files have sizes, directories do not
      Serial.print("\t\t");
      Serial.println(entry.size(), DEC);
    }
    entry.close();
  }
}
anonymous SDカードループ問題サンプル
Arduino
/*
SDサンプル”listfiles.ino”のループ問題
 */

#include <SPI.h>
#include <SD.h>

File root;

void setup() {
  // Open serial communications and wait for port to open:
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for native USB port only
  }

  Serial.print("Initializing SD card...");

  if (!SD.begin(4)) {
    Serial.println("initialization failed!");
    while (1);
  }
  Serial.println("initialization done.");


}

void loop() {
  root = SD.open("/");

  printDirectory(root, 0);

  Serial.println("done!");
  SD.end();

  delay(500);

  

}

void printDirectory(File dir, int numTabs) {
  while (true) {

    File entry =  dir.openNextFile();
    if (! entry) {
      // no more files
      break;
    }
    for (uint8_t i = 0; i < numTabs; i++) {
      Serial.print('\t');
    }
    Serial.print(entry.name());
    if (entry.isDirectory()) {
      Serial.println("/");
      printDirectory(entry, numTabs + 1);
    } else {
      // files have sizes, directories do not
      Serial.print("\t\t");
      Serial.println(entry.size(), DEC);
    }
    entry.close();
  }
}
anonymous Mr.
Python
555
anonymous No title
Python
import random
labels=[
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '不可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '可',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '良',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '優',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
    '秀',
]

score=random.randint(0,100)
print(f'{score}点:{labels[score]}')
トミー No title
Python
# -*- coding: utf-8 -*-
"""
  スクリプト名 : tkinterpiccolor.py
  処理内容:tkinterでコンボボックスの設定サンプル
  対応:pydroid3対応 Macは非対応?
  補足:Harigami上での実行は不可
"""
from logging import shutdown
from tkinter import *
import tkinter as tk
import tkinter.ttk as ttk

import datetime
import os, sys, platform
import glob
from PIL import Image, ImageDraw, ImageFont
import PIL.ExifTags as ExifTags
from PIL import Image, ImageTk

# メッセージボックス
from tkinter import messagebox

# 自作ライブラリ
import usefully

# 透かし文字の透明度
_opacity = 70
_colorlist = ["桃", "橙", "紫", "黄緑", "黄", "桜"]
_colorrgblist = [
    [240, 145, 153],
    [238, 120, 0],
    [136, 72, 152],
    [188, 226, 91],
    [255, 217, 0],
    [254, 244, 244],
]
"""
_colorlist  = ['桃','橙','紫','水','黄','桜','茶','鼠','黄緑','金']
_colorrgblist = [[240,145,153],[238,120,0],
                    [136,72,152],[188,226,91],
                    [255,217,0],[0,0,0],
                    [0,0,0],[0,0,0],
                    [0,0,0],[0,0,0]]
"""

"""
関数名 : messageboxshow
引数 : title                   タイトル
        message                 メッセージ
機能:メッセージボックス表示
作成日:2021/09/25
修正日:
"""


def messageboxshow(title, message):
    messagebox.showinfo(title, message)


"""
関数名 : value_reset
機能:色リセット
作成日:2021/10/03
修正日:
"""


def value_reset():

    # 定数
    BLACK_R_NUM = 0
    BLACK_G_NUM = 0
    BLACK_B_NUM = 0
    GLAY_R_NUM = 128
    GLAY_G_NUM = 128
    GLAY_B_NUM = 128
    SKY_R_NUM = 137
    SKY_G_NUM = 189
    SKY_B_NUM = 222
    WHITE_R_NUM = 255
    WHITE_G_NUM = 255
    WHITE_B_NUM = 255

    # 切替コントロール
    controlchoice_num = controlchoice.get()
    # 色
    colorresetchoice_num = colorresetchoice.get()

    if colorresetchoice_num == 10:
        base_r_value = BLACK_R_NUM
        base_g_value = BLACK_G_NUM
        base_b_value = BLACK_B_NUM
    elif colorresetchoice_num == 11:
        base_r_value = GLAY_R_NUM
        base_g_value = GLAY_G_NUM
        base_b_value = GLAY_B_NUM
    elif colorresetchoice_num == 12:
        base_r_value = SKY_R_NUM
        base_g_value = SKY_G_NUM
        base_b_value = SKY_B_NUM
    elif colorresetchoice_num == 13:
        base_r_value = WHITE_R_NUM
        base_g_value = WHITE_G_NUM
        base_b_value = WHITE_B_NUM
    else:
        base_r_value, base_g_value, base_b_value = value_num_set(
            colorresetchoice_num - 14
        )

    if controlchoice_num == 1 or controlchoice_num == 3:
        ft_comboBackR.set(base_r_value)
        ft_comboBackG.set(base_g_value)
        ft_comboBackB.set(base_b_value)
    if controlchoice_num == 2 or controlchoice_num == 3:
        ft_comboFigureR.set(base_r_value)
        ft_comboFigureG.set(base_g_value)
        ft_comboFigureB.set(base_b_value)


"""
関数名 : value_num_set
引数 : num             色配列番号
機能:色を返却
作成日:2021/09/25
修正日:
"""


def value_num_set(num):
    base_r_value = _colorrgblist[num][0]
    base_g_value = _colorrgblist[num][1]
    base_b_value = _colorrgblist[num][2]

    return base_r_value, base_g_value, base_b_value


"""
関数名 : close_window
機能:終了
作成日:2021/09/25
修正日:
"""


def close_window():
    root.destroy()


"""
関数名 : dummy_def
機能:外に出して疑似的に非表示
作成日:2021/10/03
修正日:
"""


def dummy_def():
    # 外に出して疑似的に非表示にする
    rdo4.place(x=-100, y=0)


"""
関数名 : imgfile_make
機能:透かしを入れた画像を作成する
引数 fname :ファイルパス
作成日:2021/10/03
修正日:
"""


def imgfile_make(fname):
    #
    imgpath = os.path.abspath(fname)
    imgheadfilepath, imgext = os.path.splitext(imgpath)

    (
        comboBackR,
        comboBackG,
        comboBackB,
        comboFigureR,
        comboFigureG,
        comboFigureB,
    ) = get_colorvaluetocode()

    comboOpacity = int(ft_combo_opacity.get())

    # 画像を開いてサイズを調べる
    img = Image.open(fname)
    w, h = img.size
    # インスタグラムだと投稿時に画像が入りきらないことがあるため、縦横を3分の2に縮めた画像をメモリに持たせる (*2)
    resized_img = img.resize((int(w / 3 * 2), int(h / 3 * 2)))

    # 下地を白で 新しい画像オブジェクトを作成
    imgnew = Image.new("RGB", (w, h), (comboBackR, comboBackG, comboBackB))

    # 元画像をコピー、但し中央寄せにする
    imgnew.paste(resized_img, (int(w / 6), int(h / 6)))

    # 埋め込む文字の設定
    draw = ImageDraw.Draw(imgnew)

    # OSによって標準ディレクトリを決める
    # (Windowsで起動するか、Androidで起動するか)※現時点でFlask/Djangoでの実行は考慮保留
    if platform.system() == "Windows":
        basedirectory = os.path.dirname(os.path.abspath(sys.argv[0]).replace("\\", "/"))
    else:
        basedirectory = "/storage/emulated/0"

    font = ImageFont.truetype(
        basedirectory + "/fonts/GenJyuuGothic-Monospace-Normal.ttf", 200
    )

    # 撮影時刻を取得する
    imgshottime = get_shot(fname)
    dtpImgshottime = datetime.datetime.strptime(imgshottime, "%Y:%m:%d %H:%M:%S")
    dtfImgshottime = datetime.datetime.strftime(dtpImgshottime, "%Y-%m-%d %H:%M:%S")

    # # 1段目
    textcontents = "あいちのトミー 撮影 on "
    # 埋め込む文字の高さ・幅を取得する
    fontw, fonth = draw.textsize(textcontents, font)
    textleft = int(w / 3 * 2) + int(w / 6) - fontw - 1
    texttop = int(h / 3 * 2) + int(h / 6) - fonth * 2 - 6
    # draw.text((int(textleft),int(texttop)), textcontents ,(comboFigureR,comboFigureG,comboFigureB),font=font)
    # draw.text((int(textleft),int(texttop)), textcontents ,fill=((comboFigureR,comboFigureG,comboFigureB) + (_opacity,)),font=font)
    draw.text(
        (int(textleft), int(texttop)),
        textcontents,
        fill=((comboFigureR, comboFigureG, comboFigureB) + (comboOpacity,)),
        font=font,
    )

    # # 2段目
    textcontents = dtfImgshottime
    # 埋め込む文字の高さ・幅
    fontw, fonth = draw.textsize(textcontents, font)
    textleft = int(w / 3 * 2) + int(w / 6) - fontw - 1
    texttop = int(h / 3 * 2) + int(h / 6) - fonth - 5
    draw.text(
        (int(textleft), int(texttop)),
        textcontents,
        (comboFigureR, comboFigureG, comboFigureB),
        font=font,
    )

    # showはwindows起動の場合のみ
    imgnew.show()

    # 現在時刻(年月日時分秒を区切り記号無しで出力)
    nowtime = datetime.datetime.now().strftime("%Y%m%d%H%M%S")

    # 透かし画像は別ディレクトリに別ファイルに保存
    #    imgnewfilepath = os.path.dirname(imgheadfilepath).replace('\\', '/') + '/out/'
    #    imgnewfilepath += os.path.splitext(os.path.basename(imgheadfilepath))[0] + "_" + nowtime + imgext
    #    print(imgnewfilepath)

    # 透かし画像は上ディレクトリに別ファイルとして保存
    os.chdir(os.path.dirname(imgheadfilepath).replace("\\", "/") + "/")
    os.chdir("../")

    # imgnewfilepath = os.path.dirname(imgheadfilepath).replace('\\', '/') + '/'
    imgnewfilepath = os.getcwd().replace("\\", "/") + "/"
    imgnewfilepath += (
        os.path.splitext(os.path.basename(imgheadfilepath))[0] + "_" + nowtime + imgext
    )
    print(imgnewfilepath)

    # 指定したファイルパスで保存
    imgnew.save(imgnewfilepath, "JPEG", quality=90)


"""
関数名 : button_process
機能:埋め込みボタン処理
作成日:2021/09/25
修正日:
"""


def button_process():
    # パスの設定
    if platform.system() == "Windows":
        basedirectory = os.path.dirname(os.path.abspath(sys.argv[0]).replace("\\", "/"))
        basepicdirectory = basedirectory
    else:
        basedirectory = "/storage/emulated/0"
        basepicdirectory = "/storage/emulated/0/DCIM/Camera/img"

    directorylist_direct = glob.glob(basepicdirectory + "/*.jpg", recursive=False)
    # 非活性化
    ft_make_button["state"] = tk.DISABLED

    i = 0
    for f in directorylist_direct:
        i += 1
        f = f.replace("\\", "/")
        # 透かしを入れた画像を作成のメイン処理を開始する
        imgfile_make(f)

    messageboxshow("完了", str(i) + "件処理しました。")
    # 非活性化
    ft_make_button["state"] = tk.NORMAL

"""
関数名 : button_colorchange
機能:カラーボタン処理
引数:
作成日:2022/06/10
修正日:
"""


def button_colorchange():
    (
        comboBackR,
        comboBackG,
        comboBackB,
        comboFigureR,
        comboFigureG,
        comboFigureB,
    ) = get_colorvaluetocode()

    # 背景色
    bgcolor = "#" + colornumtohex(comboBackR, comboBackG, comboBackB)
    ft_color_button["bg"] = bgcolor

    # 前景色
    fgcolor = "#" + colornumtohex(comboFigureR, comboFigureG, comboFigureB)
    ft_color_button["fg"] = fgcolor

    messageboxshow("完了", "処理しました。")


"""
関数名 : get_colorvaluetocode
機能:コンボボックスの値から色の数値を変数に格納
戻り値:背景色R、背景色G、背景色B、前景色R、前景色G、前景色B
作成日:2022/06/10
修正日:
"""


def get_colorvaluetocode():
    return (
        int(ft_comboBackR.get()),
        int(ft_comboBackG.get()),
        int(ft_comboBackB.get()),
        int(ft_comboFigureR.get()),
        int(ft_comboFigureG.get()),
        int(ft_comboFigureB.get()),
    )


"""
関数名 : from_rgb_to_colorcode
機能:RGB変換
引数 rgb :RGB値
作成日:2021/10/03
修正日:
"""


def from_rgb_to_colorcode(rgb):
    tup = tuple(rgb)
    print(tup)
    return "#%02x%02x%02x" % tup


"""
関数名 : from_rgb_to_colorcode
機能:EXIFから撮影時刻を取得する
引数 fname :ファイルパス
作成日:2021/10/03
修正日:
"""


def get_shot(fname):
    # 画像ファイルを開く
    im = Image.open(fname)
    print(fname)
    # EXIF情報を辞書型で得る
    exif = {ExifTags.TAGS[k]: v for k, v in im._getexif().items() if k in ExifTags.TAGS}
    # 撮影日時を得る
    shot_tags = exif["DateTimeOriginal"]

    return shot_tags


"""
関数名 : numwide
引数 : num                   半角数字
戻り値:全角化した数字
機能:半角数字を全角にする
作成日:2021/09/25
修正日:
"""


def numwide(num):
    if int(num) < 10:
        int_n = ord(str(int(num)))
        return chr((int_n) + 65248)
    else:
        return num


"""
関数名 : comboset
引数 : combo                 コンボボックス
        initialnum            初期値
        minnum                最小値
        maxnum                最大値
機能:コンボボックスの設定
作成日:2021/09/25
修正日:
"""


def comboset(combo, initialnum, minnum, maxnum):
    # combo = ttk.Combobox(root, width = 4, state='readonly',justify='right')
    # 選択肢設定
    combovalue = []

    # コンボボックスのスクロールバーの設定
    style = ttk.Style()
    style.theme_use("clam")
    style.configure(
        "Vertical.TScrollbar",
        gripcount=0,
        background="Blue",
   
anonymous No title
JavaScript
const getAccessToken = (config) => {
  const time = Date.now();
  const header = Utilities.base64Encode(JSON.stringify({ 'alg': 'RS256', 'typ': 'JWT' }));
  const claimSet = Utilities.base64Encode(JSON.stringify({
    'iss': config.CLIENT_ID,
    'sub': config.SERVICE_ACCOUNT,
    'iat': Math.floor(time / 1000),
    'exp': Math.floor(time / 1000 + 3600)
  }));
  const signature = Utilities.base64Encode(Utilities.computeRsaSha256Signature(`${header}.${claimSet}`, config.PRIVATE_KEY));
  const jwt = `${header}.${claimSet}.${signature}`;

  const endpoint = 'https://auth.worksmobile.com/oauth2/v2.0/token';
  const options = {
    method: 'post',
    headers: { 'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded' },
    payload: {
      'assertion': jwt,
      'grant_type': 'urn:ietf:params:oauth:grant-type:jwt-bearer',
      'client_id': config.CLIENT_ID,
      'client_secret': config.CLIENT_SECRET,
      'scope': config.SCOPE
    }
  }
  return JSON.parse(UrlFetchApp.fetch(endpoint, options));
}

const snedMessageToRoom = () => {
  const config = {
    SCOPE: 'bot,bot.read',
    CLIENT_ID: 'クライアントID', // ★
    CLIENT_SECRET: 'クライアントシークレット',// ★
    SERVICE_ACCOUNT: 'サービスアカウント',// ★
    PRIVATE_KEY: ` 
-----BEGIN PRIVATE KEY-----
asvdfvbas // ★
awfeawefa // ★
awefawefw // ★
-----END PRIVATE KEY-----
`
  }

  const accessToken = getAccessToken(config).access_token;
  const botId = 'ボットID'; // ★
  const channelId = 'チャンネルID'; // ★
  const url = `https://www.worksapis.com/v1.0/bots/${botId}/channels/${channelId}/messages`;
  const options = {
    method: 'post',
    headers: {
      'Authorization': `Bearer ${accessToken}`,
      'Content-Type': 'application/json'
    },
    payload: JSON.stringify({
      'content': {
        'type': 'text',
        'text': 'hello'
      }
    })
  }

  const response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
}

anonymous No title
PHP
Tqnlmn https://newfasttadalafil.com/ - cialis tablets for sale <a href=https://newfasttadalafil.com/>generic cialis online</a> Walolv Buy Acyclovir Cream Over The Counter https://newfasttadalafil.com/ - Cialis
anonymous No title
Python
"""
Python でベートーヴェン+谷崎潤一郎風 文章

__BOS__あの時分、あたしも日光は知らないが、武将の子であるかと云うと、いやと云う程のものであると云って泣き出す。女中達に対する愛憎の念は一と言二た言目には「今の文壇で一番偉い作家だ」と云つたらなかつた。想像するに、その三十三__EOS__
__BOS__五時半頃に木村さんと献酬することはなく、ちょうどさびれた田舎の町をぶらぶら歩くのも相応に骨だが、来る匇々からこんな調子では、この連中に今度の事件が持ち上ったかも知れぬが、たゞ者ならぬ感じがしたんやろ。何しろMさんの坊々の勉強部屋に使やはったり、娘さんで、大阪を午前七時ニ五子自動車デ佐々木ヲ誘イニ来ル。予ハ先ズ奈良アタリノ絵心ノアル佛工ニ命ジテ多量ニ石炭ヲ投ゲ込ンデオケバソレデ大体ヌクマルノダガ、「今日は珍しく昼間から出て行くんですよ」__EOS__
__BOS__一月二十八社|巡りと云っても毎日詰めて規則的にするのがあたりまえでござりました。はッと云うたんで、二番目がおりと、末娘が津村の祖母が貰い受けたと見るべきである。__EOS__
__BOS__もともと地唄の文句に耳を澄ました。八畳の日本間はその時が始めてよ、と、安らかに繰り返されていたように見えたのであろう。それよりは洋行をした。昼間は依然十分な安眠が得られたか恐らく物足りないぼんやりした行掛り上、無事に助かったことを知らせてくれたことはなかった。板倉は一度しかありはしたものの、タイルだけは一切使わぬように調べ、言葉づかいにも念の入れ方で、月々何のかのと物の形の次第に見え分かずなり行きし時、妾は盲人なれども鼻は確なり、匇々に札をお附け下さりませどうでその人にだけはいささかの苦労も両親の反対も何糞と云ふ音が出る度に三度、家の電話番号を教えたり、私を力づけたのは、いつ、誰に聞かれないようになっているし、音楽などは日本物より西洋物の方により理解があることは差支えないが、肌は紛うべくもない人間の皮膚である。リヽーも母親が亡くなってからの思い出の方が神経質で、女性的にさえひゞくのでもあろうと思えば、もう一ぺんいうてみい!」と大声で笑い出した。__EOS__
__BOS__「へーえ、じゃあ臭いんで逃げられた時の比ではないのであった。それはどう云う訳かなかなか雪子さんが時間を守らないのは、今一度会ったきりであった。彼女としては早く知らしてやったが、帰りにいつもの局へは間違っている、間接照明の、杯を空に揚げているのが、すっかり外れて、この光景に出遇ったよりも遥かに及ばないと云うような『詩は事物の共存状態を構図とするが故に、或る程度まではシッカリしていればいいじゃないの」__EOS__
__BOS__「ソンナモノヲ誰ガイツノ間ニ買ッテオヤリニナッタンデショウ」__EOS__
__BOS__ちるこそ花の綴目なりけれ__EOS__
__BOS__我慢に我慢をして遊んだあの閑静な街のことを、今こそ世間の人いうたらたいがいええ加減にして、内心その男をおさえつける。男は、すっぽり紙袋を脱いでズボンをまくり上げて、よち/\とまつら人(松浦人)おこし候事、まんぞくにて候、そもじよりれい申候べく候、あなたがたにおわかれ申し、おめ/\生きていよう筈はないが、ひよつとしたら、掴まへて口説き落さうとでも云ふやうな神経病に悩まされた揚句|颱風に脅やかされるのも治部殿が讒言をなされましたら、ちゃんと回数券を渡してやつたのかもしれない。ほかに六十目ほどのヒレ肉のビフテキ。(野菜を主にしてくれるように、必ず自分をも嫌ったのかは明かであったが、実はあの時は丹生さんにお電話でございますか、お春に背中を向けていたが、恐らくこいさんはこのところ毎日新町へ稽古に通う気になった夫のような方に、傍に置いてあるよってに、………………」__EOS__
__BOS__何んでも追つ付かないことだし、親猫になつて、陰鬱な、無口な児のようにくねくねさせながら、一と口飲んでは書きしたが、それから四五年の後、深く生前の交誼を憶い、或は一門の影塔を作り或は三成の遺骸は後になりましてから、どう云う気持になるらしかった。彼が密かに謀って世間の手前は悪くないが満面ににきびのある男やない? どうも不思議ですな。要するにまあその時分から商売の方が好きなので、松の葉影をくっきりと地面に映して居る自分たちは、前にもお話しました」と云うと、__EOS__
__BOS__「ふふ」__EOS__
__BOS__「あー」__EOS__
__BOS__いったい檜垣衆の尻押しをしてくれましたから、ソロ/\起きましょうや、それやがな、昨夜|此方へ来て病状を見舞つてくれたならば、観月の宴、菊の節句、紅葉狩りと、次々に三人も、将来妻となるべき人も、さすがにぐっと嚥み下した。__EOS__
__BOS__これこそ河内陣みやげ__EOS__
__BOS__城山五子手記抜萃__EOS__
__BOS__と仰っしゃって、「人間社会の温か味」と云う仏蘭西人が、相手は一向感じてくれないのかな」__EOS__
__BOS__(五月十八日ト同ジ事件ノ経過ヲ辿ル。……………」__EOS__
__BOS__けれども猶よく話して行くと、左手が上り框で番頭に草履の紐を解きかけていたのであった。ふっと跡絶えては又しゃべり出し、しゃべり出しして、太閤が秀頼に対する愛着と、伏見築城のことゝを述べて許して貰った若い女の夢のような溌剌さがなくなり、敵のことを知らされていたのでもないと云い云い朝を過してしまって、今日は夜討ちがあるだろうか。………出すか出さないうちに、とう/\降参し出したやうで、微かな音もしていて、それからどうなったではござりませなんだ。そうかと云って、その包のまま通り路へ置いて行ってやることに何の望みもないこと。病室は南向きの斜面に段を築き、秀次の輿が高野に向った七月八日の手紙にも「御つぎにて給候か、又、ここ数年来、雪子の立ち場も考えてみても、必ず感冒の黴菌が這入ったらしいて、えらい騒ぎになったのであるが、ほんとうに可哀そうな老人であったが、そこへ猫|奴が這入って来たのは、今の彼女には遠慮して欲しいに違いないのんか。置きなはれ、穢い!………颯子ハ早速今夜後楽園ジムヘ出カケル。__EOS__
__BOS__安楽椅子ニ腰カケテイル予ノ面前ニ現ワレタノデアル。…………あのう、さっきから僅々一二時間の間辛抱してみようかしら」__EOS__
__BOS__それらの報告を差し出したぐらいなこと分ってますねん。私立の詰まらん学校ですねんけど、御寮人さんがお帰りになりますけれども乗せて行って、川原に捨ててあった。貞之助たちはこんな所に愚図々々して、やがてその旦那様が呼んでくれとおっしゃいましたので、今日まで大切にお預かり申しておりましたらいつのまにやらめをさまして夫と侍女の居ない時にだけ、出席することにソツがないので、実はこれこれで今朝此方へ出てしまふ。いつたい関西の人力車は関東の水そのものが性に適しない几帳面な性質だと云ふ音を聞きながら消えかゝったぞ。」__EOS__
__BOS__光ヤ夢ノ世ヲ早ウ、覚メテ真如ノ明ラケキ、月ノ都ニ住ムヤラン。………最初ノ豫定ハ、五子ト佐々木ガ戻ルマデニ仕事ヲ済マセ、部屋ニ日本茶ヲ取リ出シテデスクニ置キ、右ノ足ガ佛陀ノ足ニ比セラレテ朱印ヲ紙ノ上ニ持チ出シテイタ。明治ノ中期、二十日になってしまった。云ったところで、他人が余計なお切匙だと云われたものと早合点して、さてはいらざる取りこしくろうに手の方が一日つゞいて十日あまりも御たいりゅうなされましたけれども、ほんとうですか、あッはゝゝゝゝ」と相好を崩しながら、べら/\弁じ立てます。__EOS__
__BOS__こんな風でしたよ。なぜかと云うように響いた。__EOS__
__BOS__「畢生の力を抑えきれない優越感を覚えた者であるとか同情者である令弟呉作君がゐて、見ればフンシの砂の上にも念押したら、あの洒落者は必ず陣を引いて、いくらでも酒を呷って躍り狂いました。それはきっとそうなるからって、―――近頃の若い奥さんを見ますと」__EOS__
__BOS__「残額二圓誰かから借りよう。昨今我々は逼迫して居るのだろうか」__EOS__
__BOS__「曲者!」__EOS__
__BOS__会社が済むと、寝台の両端に腰を休めて、それとなく話しかけました。__EOS__
__BOS__「放って置かれたら、必ずや意外な発見を、私達は毎日のようにピタリと息を切らせているたちの人だったら、きよすにおつきなされます。藝者に見立てゝ貰つて白木屋で絹セルの単衣に着換え、これから寝床へ這入ろうとしないところにあったので、何の咎もなく慶長十二年まで生存し、その辺にいる人達の顔を見ては顔を夜着の襟に埋めたまゝで、少しく尾籠ながら、その二つともとうに空っぽになって下さいませんか、あたし英語と音楽だけなら、その心持を察して、お茶々どのをひざの上へ登る。__EOS__
__BOS__「女中はお久のうしろへ凭りかかっていたらしく、お春もいないのに実によくその辺が濛々と打ち煙る。筧をめぐる涓滴の音の伴奏に連れてますます深く濃くなっているところの獅子ッ鼻の孔をふくらましたが、その外はなれ/\しくて、蔭で云うのであった。実は幸子は、何処かの夫人が、ほんのりと白い寝顔を、どんな夢を見て御覧、やって見るもんだわ」__EOS__
__BOS__「蕗のとうを仰山採って帰りまして、こんどつれあいに死なれたので、見事ころ/\と、白く、なまめかしく見えた。頬の線だけはたしかに般若の相で、頭から怒鳴りつけるかも知れない。そして自分の云うことをされてゐたことはなかった。なぜなら彼女にして見合いを急ぐことにしていた。__EOS__
__BOS__初めに滋幹が不安そうにもありませんでした。私はその一事については寸毫も彼を利用して嫉妬を煽り立てることに懸命になっていて、あれからずっと、ナオミはじっと下を向いた。幼心にも何となく春が感じられる。まあ、ほんとうに、四人のうちで末っ児の血とが半々に流れている。但し、箱根の出水の時に示す舞台度胸のせいであったが、それやったらちゃんとその間アに一と晩ぐらゐではあるまい、もう幾晩も/\塗る所を、―――をとられると、三平はピョコピョコお時儀をして、或る日脳病専門のドクトルの所へ通い出したんや、あの着物の着かた見たかて、胡麻化した商品の悉くが日覆ひで埋まつてゐるからであらうか。それとも少年の滋幹には勿論それに気が付いたらしくって、「そんならもっと機嫌ようしたらどないいわれて、暇出されてゐるのだが、さっき未亡人と閑談の最中に、法師丸はこっそり城の裏山の渓へ降りて行くと、食堂の空気も至ってなごやかに、一度阪大の然るべき専門家に来診を乞うた方が後味がさっぱりとするし、全く散歩の気分を以て終始することが出来ませなんだがね」__EOS__
__BOS__「差支えたってどうにかなるわよ」__EOS__

"""
anonymous No title
Python
"""
Pythonで中原中也+ドストエフスキー風文章

__BOS__忌はしい憶ひ出よ、__EOS__
__BOS__このムツとするお荷物の__EOS__
__BOS__満ちてゐるのを見入つてゐた。__EOS__
__BOS__おかげでもはや娼婦にやなれぬ!__EOS__
__BOS__明るい日向にかぢかむで。__EOS__
__BOS__それに彼は修辞的な法則を無視してはいないでしょうか、と咎めるように言い放った、――行けば馬鹿げたことと思う。たとえば、国家の中に__EOS__
__BOS__「ヘルツェンシュトゥベを呼んでくださいね、いつでも、いつでもというわけにも行かないからさ。もっとも――年とった貴婦人のところへ案内をたのんだ。だのにTは女がないのだ。しかし、彼がまだ馬車を降りないうちから、早速もうこんなことつくづくいやになって落ち着いてしまった。__EOS__
__BOS__「署名なんかしないから詩人は努力すべきでせう。それに多くの貧民は、ただ空いばりがしていたかも知れない。兎に角鱷の腹がありますわ。ああ、ちょうどあれがマダム・ド・カペルナウモフです。え? ねえ、お母さん!」とシーモノフが断案を下した。__EOS__
__BOS__同時に來訪者のほうでも、失敗すると愚劣に見えるものだよ。そのほかのときは天使のように考えることもできないし、方々無理があつて見せるに恥しいが、__EOS__
__BOS__さりとて死んでいたやつがありますね。一度も、これまでの安逸な、墮落した、無作法な、卑劣なことをしなくちゃいけない、小雀君!……」__EOS__
__BOS__突然その時、そばの女にはアツ気にとられている。なぜなら、彼らはパンを受け取る時に、行かうと決めた場合には、それこそしゃべって、しゃべりまくるのだ……」アリョーシャは叫んだ。「ソーニャのところは寄れないかなんぞのように。パーシェンカには僕が輝けるやうに生きておりたいからだ。然しさうとはしなかったよ……本当にお前たちはおれの病気を自慢してたんですからね。もっともこうした場所にはいり込むと少しでもその方の知識をひけらかそうとしない……僕はまだあなたの心をいましめて、絶えず戦々恐々としておるに違いない、賭けでもしていた。それは是非問ひ合せて見ます。さういふ彼には何も話すことがなかった。彼はぶるぶる震え出した。そうすれば夫の方でも振り返った。「そいつが全く困るんだ。ザミョートフはやはりまだ息を切らしていた――が、人のために無残な凌辱を受けたんです……わたしにはわからないがために、立ててある、Clara Venus と。__EOS__
__BOS__フツ飛んでゆくべし……__EOS__
__BOS__それとも毒の注射師か?__EOS__
__BOS__疲れたる我等が心のためのみに書いていらっしゃいました。「だがそんな事はどうでもいいや。あとにしたって、わたしいきなり追い返してしまうから)」と彼は低い声で言った。「まったくあの二人をかみ合わそうというたくらみらしい。__EOS__
__BOS__歩きながらヨ。__EOS__
__BOS__蛇口の滴は、つと光り!__EOS__
__BOS__こころまゝ」だつたのだらう、兄がまだ便所にゐるのだ。そしてそれを見せつけようとした。それから暫くのあいだそうしておいた……__EOS__
__BOS__「まだおやすみでございます――もしすべての人から遠ざかって、仕事してるとこなんて、見たこともあつたが、おれの頭にも……ごらんのとおり、どうもこういう思いがけない贈物なんでして。……喜んで預ってくれますよ。いつもあなたのほうが良人よりも比べものにならん無教育なやつらだ。さあ、ナスターシャがスープを持って、そのためにここまで来たとき、彼女はいつもおずおずと彼には何かむさぼるようなことをして、自分がおかみさんだのに、あの人は息子さんとの不幸な親子喧嘩に夢中にならずに、それなり駆け出したんだがなあ! それから、もう一か月以上もあれが成熟していった。「わたしは仕事の上で仰向けに寝ていました。配偶が年寄りで、ひどく頭が乱れてらっしゃるのをご存じだ。あのくだらない考えが頭に浮かんだ。あすこなら人通りも少ないし、ここほど目に立たないから、肌着なしでおやすみよ。どんなにかしてね……しかし、実際ある種の連中に対しては、全く白痴の相を帯びて、空を匿して笑へる歯、――おゝ悪かつた」__EOS__
__BOS__薫れりし花の冠・葉飾りを、それよゴールの国をうろついているもんだから、今私のことでがした。ラズーミヒンは有頂天になって倒れていました! そうすれば、わしも行くからな、……そんな高遠な感情なんか、だれにも似ていないとしたら、どうなったことを言っていた。彼はけっして自分のような憤りを現わしたわけで。その後、彼はさっそくいきなり用件に取りかかろうと、僕はけっして、深入りするようなことがあったら――つまり自分への戀は諦めてくれということにしましょう。神さまのお手引があればすぐに両手を押し当てた。蝋燭に火を__EOS__
__BOS__いちはやく天使は翼を薔薇色の、車に乗つた。「なんの行かねえことがござりましょうかな。それからかう云ふです。現在の所、屋根の穴とも云ひつべき所に向けてもたらしていた。とはいえ、何やら合点のいきかねる、というより以上の喜び方があまり激しかったので、急にほとばしったような静かな男だった彼は、あの女が君に何もかも話したかったのであった。やがてそのうちに明瞭に、自分と同様な態度で、冷静な、はっきりした眼つきをするんだろう? なぜだろう? おれはただきさまを酔っ払いと思ったくらいですもの。でもあなたが遊びに來てもらうことになっている。ここは何もかも元のままだった。ペテルブルグに舞い戻っての最初の困惑はいっそう紛糾してくるのは金よりも時間だよ!」__EOS__
__BOS__フイルムをみながら、また街の中を掻き混ぜ始めた。一分ばかりじっとしていたので、さすがの彼ものけぞらんばかりになったのは、人まねで一つ覚えの真理を語るより、ほとんど恐怖に近い気持で聞いたあなたの評判は好いのかな? お前は自分でも思いがけないくらいにね。さあ、今度は斧を振るっておどりかかった――彼女の鼻は左の方へ行って――なにしろ家には客がいたことを、彼には思へたのである。__EOS__
__BOS__憧憬したのにすぎなかつたかもしれませんね」とラスコーリニコフは話をするために事実を曲げたり、状況を自慢する、厚かましい下男のような質問を持ちかけるのであった。ことに警察での一条や、それから彼……青ざめた顔をして金をもうけては、大きく胸に十字を切り、床に散っている盃のかけらで止めて立たうとする気持を示したからでもある。そして彼女が戸をたたいた。それも、醉ったまぎれの接吻なんか、もう我慢はしません。まるでわからん。まるでなんにも、これんばかりの理由も依然として不可解に思われてきたとしたら、君は立派な魂をもっている人のようなものまで刻んであった。それは少しもロシア的な美貌の持ち主であった。そして、彼女のもとをさして出かけた。__EOS__
__BOS__腹の皮を剥がれながらわたしがどなったり、言い争ったり、罵ったりしてくれと言った。__EOS__
__BOS__この日頃 闇を孕めり__EOS__
__BOS__大いなるパトロクルス*は今や亡く(譯者註。ちぇっといったふうの身振り)連中のほうへふり向いた。彼の病的な性格をもった一種の内部衝動に駆られて出まかせを言つた。そこらにゐたので、犯罪に重大な意義を持ってるんですぜ! 『いや、なんにも考えないでください、自分を見て、はっとしたように、頭を段々へぶっつけたりして、自分たちは考え方も感情ももっていて長いあいだ気がつかなかった。侮辱を受けたんです! そんなことをするのであった。彼らはいま互いに相対して同じテーブルに向かって紙幣や債券の束をひろげ立てて自分の立っているラスコーリニコフをちらと見たならば可なり着々と何事にまれさう運ぶものでも悪いのか、わかったばかりなのに、突然その手を自分の意に従わせるばかりだ。どんな貧乏百姓が働き手に雇われていた二十ルーブリよりほかには僕から話しておいた質草を引出したと思いたまえ――そこへ突然意外千万だけれども、高潔な忿懣が激しくわき立ったので、彼はおそらく自分の高潔心から、私有欲を滅却させようとした。けれど、彼は言葉を考へて見る事が出来る。即ち、文献を見る前に、ひどく間の悪い思いをさせます、――まあ! なぜあなたは來ないんですからね。君ひとつこの帽子を見ているように見せかけていましたら、__EOS__
__BOS__駅までの田圃路を俥に揺られてゐた。それは長い木造の黒ずんだ建物で、もう種になりかかってるんだ? どうです、あっちへ行きませんよ、なあ、あんた」とマルメラードフは気をとられて十日目に聞いたんですの。それどころか、わたしに指ざしをするかのように感じて、ついこのあいだ借りたばかりだった。それがみっともない騒ぎになっております。ああ、これは自分の方から君に問題をおとりになると約束しておいて、朝からなんべんもその部屋へ出かけてゆくということを見てとったのであった。実際、意識というものから直接生ずる合法的な結果は、わたしの挑戦は、アナクロニズムを掩蔽し説明する巧妙な手紙の書き方はあまり知恵がなさすぎるけれど、ただ惜しいことには何一つ、まったくわからなかった。彼はかなり元気よく構内へはいって来られたんだね!」__EOS__
__BOS__今はた 都会の 甍の 上に、用意の石が同時に群れの中のある種の人間の行為がそれほどみにくく思われるのである。__EOS__
__BOS__それでもパーヴェル・パーヴロヴィチは依然として彼から眼を放さずあとをつけた例の紳士の姿が現われた。__EOS__
__BOS__菩提樹のなんと薫ること、六月の佳い宵々に。__EOS__
__BOS__扨その原因を、暗中模索の揚句、社会問題に持つて不足を言ふ。」__EOS__

"""
anonymous No title
Python
"""
中原中也+ドストエフスキー風文章 をPythonで作成

__BOS__あの電信柱が、夕空にクッキリしてても笑はない、かえって非常に優しいところがあり、非常に多くの貧民は、ただ人間のみに与えられたのであった。__EOS__
__BOS__「チェルマーシニャ行きは取りやめだ、おい、|悪臭い異教徒、いったいおまえは、ただ軽はずみで乱暴で、愛欲の強い、露骨な表情で彼を観察しながら、わたしの前で、あまり形式に拘泥すると、彼は起き上がってドアに鉤をかけて、おまけに車に載せがたいワレ物の女一人でいるために、上から下へ引きむしった。それから、深いもの思いに落ちてゆきながら、フェルフィーチキンにどなりつけた。「現代は長足の進歩、今のところで、やはり前のようになって喜んでやがる!』こういう考えが再び頭にひらめいた。__EOS__
__BOS__「手っとり早く言えば、お覚えですかどうですかね!』そして、二、三日――昨日も今日も、あなた、わたしはやはり給金を渡さないで、部屋のまんなかに突っ立ったまま、帰ろうとしかけたが、眼は一斉に彼の興味をひいた――彼の猜疑心はポルフィーリイにたった一度だけする身慄ひと共に父の家を見ておくんですがね、二階や一階の方の部屋から追い出したのは、わたしは自分で生きたいんだけど。おれは路地の中へ閉じこめるのだ。現在殆んど地|面につけるやうに、批評書へと赴くのではあるけれど、ありふれたものとされてゐるが、呉れる奴の方はカチェリーナ自身が学校時代にフランス語を教えてくれたよ。その後おまえ自身がモスクワへ行ったことがなかったために、彼はウォートカを一杯あおって、前後を忘れていたんですよ!」__EOS__
__BOS__かあいさうに、__EOS__
__BOS__「あすはもう起きるよ、あすは淫売がそれに続いたことがあるかもしれないが、おとなしいくせに君はたいへんなことを自白するやつがどこにあるのですもの。古着屋をして行きましょう。どちらです?」__EOS__
__BOS__けれども時間を着けた音楽でした__EOS__
__BOS__忘れてゐるといふことになるかもしれない。が、もしかすると、彼は悪寒をさえ感じたに違いない。そうかと思うね」__EOS__
__BOS__うるわしき自然の胸に翳りはじめ、そのためにわざわざここへやって来た百姓が、ふいにまた限りなき憎悪が彼の胸にも、一度お寄りしたことは殘らず思い返して見ましたが、そのくせ、誰かと話をすることもあるんです! ロジオン・ロマーヌイチ! あなたごらんになったとき聖書の講釈をしに行かしゃった)でもいいねえ! ああ、なんてばかなことを知らせてくれた。子供ですら彼女をからかったり、はずかしめたりはしなかったに相違ありませんよ。どうせあなたがたは正しゅうございました。もし現世のものであつて、芸術家達が、大部分そうなるでしょうが、しかし彼にしまいまで聞けといったら! しかも病身なんですよ。直ぐそんな所まで話が来るのである。__EOS__
__BOS__芸術家に芸術の素材を提供する。恰も「これはみんな興味のある、文学的序文というやつを、わたしは他人のために放つ言葉を、弟の顔を落ちつき払って、わたしがいまこんなに多言を弄していっさいを計画していた。そればかりか、時によると、あの不幸な人は甚だ稀なやうである。老夫人のおもなる点がどんなところにあっては、ぶんぶん鳴いているだけじゃなくて、静かに深くおれの足もとへ身をかがめ、鍵を箪笥に合せようとして、好い所まで引ッ込んぢまふ。__EOS__
__BOS__「未決囚のニコライをつれて、手回し風琴に合わして歌っている。しかし、すっかりもう朽ち果てて、床についてしまわないのは、極北のオブドルスクの、小さな修道院から、『主の御胸の血に染みた落日が__EOS__
__BOS__垢じみた襤褸の中にて最も大なるものなりき、かなしからずや__EOS__
__BOS__鱷は先づ横に銜へてゐた。悪かつた」__EOS__
__BOS__然し今、頻繁なる対人圏と同様にアデライーダ・ミウーソフの行動は、疑いもなく、二分間ばかりごそごそした後だ。ぼくは意気地なしだ。しかし、僕が今日、ここでは金銭というものは腕白がちなものであろうとも、すべて他人の目から見ている者もなければ、まるっきり二人の手の中からのぞいていた。__EOS__
__BOS__「かかってるんですよ!」とラズーミヒンは叫んだ。「それより、一つお尋ねしたいくらいですよ。それにくらべりゃ、お面の美しさをも感じられるといふものは甚だ稀薄であり、従来あつたものの改良品が出た。__EOS__
__BOS__『こいついったい何を、何か特別な表情をし、また彼らは無力で、永久に彼女の涙を流したのだ? 文明はただ感覚の多面性を発達させるばかりでなく、かえってそれから遠のいて、挨拶もしないにそんなものは諸君にとっても友人なのだ。__EOS__
__BOS__ゆたかな心よ、__EOS__
__BOS__つまらない事を、あやまっているんだよ! だがなあ、おい、七時過ぎだったようですが、これはお皿を暖めたんです。そのうえになお僕は、小さな隱れ間が附いてゐます。やがてお父さんが目を覚まし、__EOS__
__BOS__べろんべろんのパーヴェル・パーヴロヴィチを、街の埃や、例の小学生との謎のような高い岸からはひろびろとしたが、部屋のなかを歩き𢌞ったり、今ごろになって、意気ごみ激しく考えた。『もうおまえは救いにかかっているんだね?」__EOS__
__BOS__手真似につれては、唇も白けていた。__EOS__
__BOS__「じゃ、共産団へでも。人間てものは、石の門が建てられたものである。__EOS__
__BOS__こうした石の壁は本当に鎮静剤か何か、そんなだいそれたことが?」ふいに彼女は客を取り損ったので、その、わたくしは思いきってあなたにこれをわきまえている男の顏を醜く引き歪めてしまって、――え? おまえは本当に、兄貴ひとりを愛してゐた。赤い攣れた髪毛が額に迫り、その下では睡げだつた連中が、議論に引っ張り込んだからだ。きみは本当に何か表のような眼つきをし、__EOS__
__BOS__門そばのベンチに、下男のフィリップの話をして来た。__EOS__
__BOS__氷河、白銀の太陽、真珠の波、燠の前で最後の一幕を、きれぎれに思い出した。考えてみたうえで、急に腹を立てる。それも理由あってのことなんでがすからな……それからまたほかの理由もなしに、機会さえあれば、何やら小ぎれいな襟を掛け、即刻用件の説明を終わった。ずいぶん久しくウォートカを口にした。この男は自分の立場を傷つけた。それもあなたは當然、顏をあからめて、まったく呆氣にとられた。のみならず、傍目にはいかにも面白おかしくすごした今日の一日__EOS__
__BOS__まづ最初、その葉書を手にしながら、わたしはずんずん入って行った。__EOS__
__BOS__従兄が彼のために暮らし向きの扶助という形で言って、息がつまりそうだったんです……少なくとも、そう思われるに違いありません。神様がわしを鉤に引っ掛けて、地獄に天井があるものなら、僕は誰にでもありがちの単なる失敗を除いては、何かといふことを、明らかに見てとった。というわけでね、同じようにうつぶせにさせようとすると、役所へね。あの女はおれに瞬きしたんだい?」わたしはますますいら立ってゆきながら、フェルフィーチキンは憎々しげに、階段で情容赦なくぶたれているのです。わたしは、十|字のしるしや、あのふてぶてしい嘲弄が憎らしくてたまらないのです、キリスト様でなくてもよかったであろう。それにまた、事實に思い到るたびに、もうひどく抓るのが癖でしてな。いやなに、神父さん、わしの本性が分別を圧倒したり、復活したりすることなんかないからです、そうです」__EOS__
__BOS__その一方ヴェリチャーニノフは、憤然として彼の記憶にはまるでなっていたのである。実際そのころのグリンカもすでに聲は衰えていた。一本づつ我々に配つた。「お前、この人はもうたしかに六十にはなっていたレベジャートニコフはむきになって、外部に現われるのであった。彼は働きさえすれば、一つ、たった一つだけ、どうにかこうにか次のことが話したかったの?」とドゥーネチカは感情のこもった調子でこういったわけではありませんよ、ロジオン・ロマーヌイチ、わたしたちなんかすぐに見分けてもらえますまいか。__EOS__
__BOS__このなれなれしげな『あなた何用です?』と、尋ねるかもしれないという懸念さえも起こった。__EOS__
__BOS__魂を、摘まれた子供が、手近かな第二義的の原因をやっとのことでね……さあ、こちらへおいでなさい。何しろうまい口なんだよ」と嫌悪の表情を除外しての話であるが、マリヤ・コンドゥラーチェヴナさん」__EOS__
__BOS__炎のみゆる気孔の前に、どうして彼らの言うことを飲み込んでおくれ。お前の思案は好くあるまい。自分の亭主を並べた食卓だけである。不幸な老人の頭のなかにだって、あのひとのポケットへつめ込み始めた。__EOS__
__BOS__首吊人等の踊り__EOS__

"""